コロナ禍を転機に運動不足に向き合う中高年女性の実態

2022年4月吉日

山口県 マスコミ各位

女性専用運動施設 ビーライン新南陽
山口県周南市政所2-2-7 米田ビル2F
電話:0834-61-1530
担当:松村(まつむら)

コロナ禍を転機に運動不足に向き合う中高年女性の実態

コロナ禍も現状落ち着きを見せていますが、いまだに完全な収束の兆しは見えず、外出機会が減少されている方が少なくありません。
とりわけ、自宅からの外出機会が減り運動不足が深刻になっているのは、40代以降の中高年の女性ではないでしょうか。

そんな中高年の女性の方が、当クラブでは150名近く在席しており、コロナ禍の落ち着きと合わせて、来館数が徐々に増えてきています。

最近は、週に2回通う月8会員様が増えており、週2回の運動ペースがちょうどよい中年女性が多いことが分かります。

また、個別に運動指導を行う、パーソナル運動指導会員様も増えたり、外部施設(大正館様)での「カラダの調子を整える頑張らない運動」セミナーには10名近い参加があり、人気となっております。

中高年(50代~70代)女性の運動不足に対する取り組みについて、マスコミ各社で取り上げる機会がありましたら、是非、当クラブへの取材のほどお待ちしております。

■ビーライン新南陽サイト:https://www.tokuyama-sc.jp/bline/
ビーライン新南陽←検索

マスコミリリースナンバー:2204

PAGE TOP